千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
R2.8.14 A"岩崎弥太郎"という人物とは?

●生まれつき荒々しき人
 制度の大改革は行政の変革を誘い、行政の変革は官僚の思考変化をもたらす。
 このビッグチャンスを狙い弥太郎は、土佐藩に対して、土地を筆頭に艦船、機械、設備などの払い下げを願い出て成功し、とうとう自分の会社、三菱財閥の原点ともいえる、"三川商会"を設立したのである。
 官営(国営)というのは、親方日の丸意識のため、効率が悪いのは昔からの悪弊だ。
 官営企業の行き詰まりについては、浅野総一郎が払い下げに成功したセメント工場も同じだった。
 とてつもなく大きな資金は、日頃からの"約定返済厳守の借金戦術"がモノを言い、銀行が大金を貸してくれた。
 経営戦略ではよく、"着眼大局着手小局"とよく言われるが、これに照らせば、弥太郎の打った対銀行戦略はまさに、"着眼大局着手小局"を彷彿とさせるものだった。
 岩崎弥太郎こそ、"稀代なる知恵者"として、その名を残すことになった。
 その弥太郎は、1834年(天保5年)、いまの高知県安芸市(安芸郡)で生まれた。
 母の美和が、弥太郎のことを評した言葉は次のとおりである。
「生まれし時より夜昼となく泣き立てて、まことに荒々しき人なり」

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.