千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H30.5.18 "頂き物"には少なくとも二回は礼を言え

人様に頂き物を頂戴することがある。
この場合必ず礼を言わねばならない。この当り前のことができないことがあるので注意が必要だ。
会社に土産を持参した場合、土産を女の子に渡す場合がある。当然上司には彼女が、土産を戴きましたと報告し、上司から土産の礼を言うのが日本古来の習慣である。
ところがしつけのよくない会社では、女の子が上司に報告をしないところがある。
さてここでは個人に的を絞り、頂き物の礼について考察してみよう。土産の礼は少なくとも二回は言うべきである。
一回目は戴いたときに言うはずである。問題は爾後のことである。
たとえば2、3日して、物を送った相手と会うとする。しかし何にも言わないと相手は、〈気に入らなかったのか〉とか、〈奥さんに渡したのに亭主には何も言っていないのか〉などと、いろんな詮索が首をもたげるものである。
ところが逆に、「先日は結構な物を頂戴して・・」と挨拶されると、要らざる詮索気分も起こらず、相手は贈って良かったと思うもの。
私が知る経営者は、「一回限りの礼は相手に失礼だと思う」とも語っている。
お礼は少なくなくとも二回は、言うべきである。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.