千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H26.10.15 仮説持たぬ経営者に、未来はひらけない

●仮説の実行は、障害との闘いだ
「すべての新発見や新事象というものは、仮説から始まっている」といってもいい。
仮説とは、「こういう道筋をたどれば、こういう結果に至ると思う」という未見の結果に、希望や期待を寄せることである。
象徴的な現実例としては、ips細胞(人工多能性細胞)でノーベル賞を受賞した山中伸哉教授の場合がある。山中さんは、最初こんな仮説を立てた。
「人間のからだの全ての細胞は、心臓や肝臓とか、あるいは膵臓というように、さまざまなips細胞になる能力を秘めているのではないか?きっとそうではあるまいか?」
ところがこの仮説を立証するため、いろんな実験をやるが、ことごとくうまくいかない。仮説を裏付ける結果が表れない。仮説・実験・失敗。再び新仮説。またもいい結果が出ない。
その山中さんは語る。「考えることの多くが、いろんな仮説の集まりでした」
失敗の連続で研究を放り出したいこともあったという。そんな経緯を経ての山中式発想法。
「いいときは用心を 悪いときは希望を。やって、後悔してもいい。失敗は恥ずかしくない」
☆    ☆    ☆
経営の現場にも、仮説はそのまま当てはまる。
仮説とは前例がないから、相応の研究や深考力は欠かせない。

●勇気とねばりが欠かせぬ"仮説"の実行
「社長、今後の戦略・戦術に関して、何か仮説をお持ちですか?」
こう尋ねられて、「・・・」と返事が引っ掛かるようでは、やはり問題。
仮説は姿が見えないから、多くの場合周囲の積極的支援は得られない。それどころか、馬鹿なことを考えとる・・・と非難さえ受ける。たとえば、物流革命をもたらした"宅急便"を開発した、ヤマト運輸の当時の社長、小倉昌男さん(故人)の場合、小倉さんの宅配への業態転換という仮説に対して、社内ですら協力どころか総反対だったと、小倉さんが書き残している。
そういう意味で"仮説の実行"は、勇気とねばり、反骨精神と長期の見通しが欠かせない。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.