千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H26.3.17 自分がいるからこの業績、自分がいなけりゃもっといい業績?

●「自分がいなけりゃもっといい業績?」という謙虚な心
課長も部長も、そして役員も非常に賢い人ほど、ときどき思うものらしい。
「自分でなく別の者が部門長なら、担当部門の実績はもっといい成績かも?」
こういう人のその後の生き方を見ていると、多くは創造的で建設的な生き方をしている。
経営者ともなったらときどきは、こういう思いで自分を振り返る必要があるのではないか。
社長ともなったら、なおさらのことである。
「別な者が経営トップになったら、自分よりもっといい業績を出せるかも?」
しかし現実には、「自分がトップでいるから、これだけの業績をあげている」と自負こそすれ、こんなに鋭敏に自分を客観的に見ることのできる人は、非常に少ない。
東芝でひととき、Iという社長が経営の舵を握った時期がある。
宿泊を要する出張があると、迎える出先の責任者は、I社長が泊まる部屋の電化製品を、オール東芝製に入れ替えしてまで迎えた。社長は、「おお、この旅館も東芝製か!」とご満悦だったという。物事の表面しか見えなかった社長だったようである。
そして、電化製品でI社長のご機嫌をとるようなイエスマンが、高く評価もされたようだ。
しかし、こんないい加減な経営が、業績に影を落とさないわけがない。
やがて業績の低迷はもちろん、いろんな問題が表面化するや、やがて三顧之礼を以て迎えられた人が、当時
IHIの社長だった土光敏夫さんである。
この土光体制で、それまでの悪しき経営態勢を一掃し、業績は回復基調に乗ったのである。
このように、大資本による会社なら、株式会社の論理で経営トップの首をすげかえもできるが、資本家イコール経営者という中小企業の場合は、ほとんど不可能である。
「あのションベン垂れのバカ息子が、とうとう社長になったか」
こんな陰口が社内に蔓延しても、首のすげかえは、ほとんど不可能なのだ。
●去年の社長がそのまま社長なら、社長の座を明け渡します
「経営者のアタマは、清流のようにつねに時流をとらえ、新鮮な頭脳でなければならない。過去の価値観だけで生きようとすれば、必ず経営にきしみが生じる」
いつもこう言い続けた、Kさんという創業社長のことを紹介します。
このK社長は毎年1週間ほど、会社を留守にする。行く先は関係役員以外だれも知らない。
なんとK社長は、経営コンサルタント、弁護士、エコノミストという数名の社外ブレーンと一緒に、瀬戸内海の小豆島の旅館に缶詰めになる。正しくは、自分で自分を缶詰めにする。
そこでは毎日5時間ほど、「自社を囲む環境の変化(プラス&マイナス)」、「経営環境の変化に対して打つべき先手」、「幹部人事に対して打つべき先手」、「これからの社内合理化」というようなテーマを自分に課して、ミーティング式で勉強をするのである。
酒類は一切ご法度、全日が禁酒なのである。
旅館とはいえ、ここはじつは禅寺なのである。
朝食は、一汁一菜にやっと多少のおかずを添えてもらった程度。
ということでこのK社長は、「去年の自分が、そのまま今年の社長だったら、指摘してください。直ちに社長の座を開け渡します・・」というのが口癖だった。
このK社長はもう故人だ。しかし会社は、二部上場企業として躍進してきた。
後継の社長(長男)も、小豆島の勉強は続けているそうである。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.