千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H25.7.12 "臨機応変"こそ、中小企業の特性の筈なのに?

●経営とは環境適応業である
『イオン』(旧ジャスコ)というスーパーがある。
地域特性を考慮しながら、営業時間を早朝に繰り上げ、早朝の7時や8時から開店する店もある。また全国的に単身世帯が増加する傾向を読み、一種のスキ間商法ともいうべき『まいばすけっと』という、都会型の超小型スーパーを増やしている。
この『まいばすけっと』は、本来は朝8時開店だが、現在は朝7時から営業している店もある。しかも閉店は、夜の11時まで商いをしている。
市場(顧客全体の動き=ニーズ)の微妙な変化に刻々と対応して、柔軟かつ臨機応変に、売り方も変化させているのである。
昔は、組織が大きくなれば、「巨艦は方向転換に30分以上もかかる」などといって、組織が大きいゆえに変化への対応が遅い、というのが定説だった。しかしそれでは、国際競争に負けてしまう。
そこで、イオンだろうがイトーヨーカドーだろうが、臨機応変は当たり前。
朝令暮改に近い臨機応変こそ、現代の経営、と言う人さえいる。
ところが、シャッター銀座とも呼ばれる、各地の売れない商店街を通ると、ありし日の繁盛時代の考え方から、一歩たりとも外へは出ないぞ!と言わんばかりに、過去の商習慣を金科玉条にして、変わらない商売法を、かたくなに抱え込んでいる店も少なくない。
たとえば営業時間でも、"午前10時開店"にしがみついている店も少なくない。
「経営とは、環境への適応業」という考え方が、まるで感じられない。
同じ東京23区内でも、大都会の街もあれば、地方の小都市的な街もある。
ある小都市的な地下鉄の駅前に、地域に根差した食品特化のスーパーがある。
この店の営業時間は、午前9時開店で深夜12時が閉店である。店の立地を囲む環境の変化に、柔軟に溶け込んでいることがわかる。
話は変わるが、大手スーパーの"イトーヨーカドー"も"イオン"も、いまどんどん拡大している商法は、"ネットスーパー"である。
ヨーカドーについて紹介すれば、"ネットちらし"は、前日の夜7時に公開。現在の取扱品目は約3万点。一定金額以上の買い上げなら配達もしてくれる。
このネットスーパーは、今後は次第にネット利用を楽しむ高齢者が増えるから、そういう将来を見越しての商法なのだ。加齢につれて足腰は衰えるが、ネットを楽しむお年寄りなら、ネット操作で買い物の不自由さもカバーできるのだ。
つぎは、従業員50名ほどの小さな工場の例である。ここには何の福利厚生施設もない。お昼どきになると従業員たちは、近所に出かけ、自販機で飲み物を買ってくる。
ある人が社長に、工場の一角に自販機を設置するよう奨めた。会社の負担は1uほどの敷地の提供と電気代だけ。大手飲料販売会社に電話したら、直ちに据え付けてくれた。
それ以来従業員たちは、100円以上していた飲料を80円で買えるようになった。
これだって立派な福利厚生施設になり得るのだ。
以上、いろいろ紹介したが、共通するのは、柔軟性のある臨機応変の考え方である。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.