千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H25.6.17 人に客がつくのが専門店、物に客がつくのが量販店

●ハートでつながってこそ専門店の生きる道
自分の店は専門店(個人経営が多い)であるのに、競合する量販店をはじめ、自店を囲む厳しい競争環境だけを過剰に意識したまま、自店独特の魅力を打ち出せない店が多い。
そういう経営者に限って商売は、じり貧経営が多く、「環境が悪い」、「大量仕入れの量販店の低コストには勝てない」、「資本力による大バーゲンには勝てるはずがない」・・などと、自分の経営努力や知恵は棚にあげ、泣き言を並べる人も少なくない。
そういう人は、専門店の本質を理解しないまま、過去からの習慣を引きずった人が多い。
「八百屋さんあんたが売るから買うんだよ」という川柳があるが、これは八百屋の主人という"人"に客がついていることがわかる。
このほかに、「俺のこと親よりくわしい商店主」とか、「金忘れいつでもいいよと店の声」というのもある。かと思うと、「名物は商品よりも店の人」とか、「商店街ピンチじゃないよチャンスだよ」というのもあれば、「祖母と来て妻と買い物いま孫と」というのもある。
客と店とが、温かいハートでつながっているのが、よくわかる。
「祖母と来て・・」などは、親子何代にもわたって、同じ店を贔屓にしているのが伝わる。
ほのぼのとした、客と店のつながりが、伝わってくる。
 じり貧の専門店の多くに共通するのは、こういう"ほのぼの感"が感じられない。
川柳の題材になるような専門店には、概して、次のような接客が自然体でできる店が多い。
「ところで、お宅のハイカラおばあちゃんはお元気なの?」(小間物店)
「奥さん、お宅のサキちゃんも、早いもんでもう高校だねえ!」(衣料品店)
「ところで旦那さん、交通事故に遭ったんだって・・」(食料品店)
「立ち話もなんだから、いま椅子出しますからねえ・・」(漢方薬店)
「この薬も、お使いいただくようになって、もう5、6年はたちますかねえ・・」(薬局)
「この白菜漬け、お宅のご主人の好物だからねえ・・」(八百屋)
ところがじり貧店の場合、接客は通り一遍とか事務的。店はヒマでも、客を店頭まで見送ることもしない。薬局商売なら、「では、お大事にして下さい。ああ、そうそう、肺炎球菌の予防注射しました?」などという心遣いが、自然体で言葉に出てこそ・・専門店ではないのか。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.