千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H24.12.11 販売業なら、こんな革新を!

●生活スタイルを革新する人は、経営も革新する
新商品の開発などの経営革新は、何も製造業だけに必要なのではない。
販売業(卸、小売り)も、"十年一日のごとし"という惰性は、いずれ危機に見舞われる。
販売業の場合、どんな売り方をするかを"業態"というが、まず自社の業態を顧みる必要がある。たとえば、「ここ10年間で、大きく変えた業態は何ですか」と尋かれて、「ええと!」と考え込むようでは、業態の革新や転換は何もやっていない、ということであろう。
取扱い商品が同じで、このような業態革新なしの場合、多くの場合業績はじり貧だ。
商店街にあるバッグ専門店を見せていただいたが、客用のトイレがない。
客の99%は女性である。生理学的な説明は省くが、尿意を感じてから我慢できる時間は、男性よりとても短い。
近所には、公衆トイレも、トイレが自由に使える百貨店もない。
そこで、幸い場所もあったから、客用トイレを作った。一輪挿しも置いた。
その上で店頭に、「トイレ、ご自由にどうぞ」という掲示をした。
その後の店長の記録によると、月に平均して10人前後が利用するという。
うち8人ほどが店内を見て回り、半分の5人が、なんらかの買い物をするという。
年間に換算すると、購入客60人ほどの開拓という結果につながったのである。
この場合肝心なことは、トイレを作るという作業より前に、「トイレの在処を捜しながら歩く女性は、トイレのある店を喜ぶだろう」と、気付く共感性が大事なのである。
共感性の高い経営者はまた、自分自身の生活習慣も、十年一日のごとくではなく、節目節目で習慣革新をしているものである。
ビジネス(商売)とは競争である。競合会社より優位をキープしておく必要がある。環境が悪くなったとき、脱落するのは競争劣位な会社から崩れるからである。
ビジネス(商売)とは、"特徴を売る取引"と解釈する人は、一般にいい商売をする。特徴のない商売は、必ず特徴を売り物にする後発に、市場を侵食される。
ところで貴社の商売の特徴は、何か即座に言えますか?

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.