千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H24.11.14 物を作るなら自前の物を作ったら?

●甘えの体質が、開発魂を萎えさせる
物を作る(メーカー)仕事をするなら、大企業の下請け製品だけでなく、「自分で価格を決められる自前の物を作りたい」と、誰でも願うのが本心ではないでしょうか。
安定経営のためにも、この考え方は正しいと思われます。
下請け製品は、販売が好調なときには、とてもラクだ。発注する会社の方にだけ顔を向けていればいいから。神経を四方八方に向ける緊張感から救われる。
しかし同時に、知らず知らずして、自ら市場を開拓する気概も発想も、どんどん退化していく。使わない能力は退化する。ものの十年も下請けに甘んじていると、多くは、この退化病に侵される。
そこに、発注側が販売不振に陥る事態が起きると、まず下請けにシワ寄せが行くのは当然のこと。価格引き下げの要請が、いちばん多い。
サントリーという会社は、会社がウイスキーなど洋酒で儲かっているときに、ビールに参入した。しかしビール部門の赤字は、約10年以上も続いた。サントリーはこれを健全な赤字と称していた。本業が儲かっている時期にビールに参入した。赤字でも補完できるからだ。
いまは立派に、戦略商品のひとつに育っている。
下請けからの脱出に、臆病な会社の多くは、現在の本業が儲かっているんだから、海のものとも山のものともわからん開発に、何も精力を割く必要はない、という考え方をする。
本業が儲かっている時にリスクに挑戦する、というサントリーとは、発想が逆なのだ。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.