千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H24.6.14 勉強する経営者の発想力

●成功経営者の発想は、まるで逆
トステムという会社がある。昔は東洋サッシと呼んでいた。
この会社はいま、年商4千億以上、従業員数約9千名で、東証1部に上場している。
この会社を作った人は、潮田健次郎さん(前会長)である。
創業時の業種は、「妙見屋商店」という建具屋さんだった。これが1923年頃。
1949年にサッシづくりの第一歩、日本建具工業(株)という会社を設立。
こうしてサッシ製造を始めたが、最初の10年間は、ひどい借金苦の連続。
潮田さんによれば、「借金王」だったと称して、自伝に紹介している。
「売り上げは1200万円程度なのに、赤字が3600万円ほどまで累積したこともある。
経理の帳簿を見るときは、胸がドキドキして、深呼吸をしてから見たものです」
ところが10年もたった頃、ヒット商品が出たこともあり、財務にも余裕が生まれ、潮田さんも、ホッとひと息つけるようになったという。
そこで潮田さんは、一体どんなことを考えたのか。
「これからは、少々自分が会社を留守にしても大丈夫。今後の事業展開のことを考えると、もっと勉強しなければと考え、日本生産性本部(現・社会生産性本部)や、日本能率協会が主催する経営者セミナー(勉強会)に通うことにしました」
多くの経営者は、お金に余裕が出てきて、自分が少々会社を留守にしても大丈夫と思うと、「さあ、ゴルフでも始めるか」とか、「妻と一緒に海外旅行でも行くか」などと、遊びや娯楽の方向で考えるものではないのか。
ところが潮田さんは、「さあ、今のうちに勉強せねば」と考えた。
成功を収める人というのは、考え方がまるで違うようだ。

●排気量の大きな脳は、判断力にゆとりがある
勉強した人と、勉強を怠けた人は、一体何がどう違うのか。
道が二股に分かれている。A道路は舗装道路、B道路はでこぼこ道。
そこにやって来た甲乙の二人。どっちに進むか選択(判断)を迫られる。甲は、迷うことなく舗装のA道路の方向に進むことにした。乙はこの辺の地理を勉強しており、A道路の1キロ先は工事中のため、迂回が必要なことを知っていたから、外見にとらわれず、でこぼこ道を選んだ。1キロも歩けば、大きな幹線道路に連絡していることを知っていたからだ。
その結果はどうなるか。いうまでもなく甲は、見通しの失敗で躓いた。
勉強をして、能力という排気量を大きくしておくと、毎日毎度の物事の判断において、先を読んだ"ゆとりのある判断"ができるものだ。
不勉強な人は、考え方が浅い。目の前しか見えない。
テレビで、成功して儲かった経営者の豪華な家屋敷を、テレビが紹介する番組があった。以前は、そのガイド役を故宮尾すすむがやっていた。その彼が語っていた。
「3年もして、かつての金持ちを訪ねると、半分以上が没落してるんです」
勉強しないと、考え方の底が浅いから、簡単に干上がってしまうようだ。
一般には、自分の業界のことしか知らない人は、どうも勉強の足りない人が多いようである。勉強する人は、他の業界の動向にも、大づかみで情報に通じているものだ。
客の多くは他業界の人だから、他業界にも通じておくのは当然なのに、そこが空白なのだ。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.