千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H23.9.14 成功は失敗のもと、但しトップ次第だが〜販売が厳しい時は、マーケティング型が先頭に立て〜

●製造&販売企業の経営トップの心得
衛生陶器メーカーのT社で感心させられることは、経営環境、特に販売環境の変化により、最適人事を求めて、経営トップが柔軟に入れ替わることである。つまり、販売が好調で競合環境も穏やかなときは、製品の製造や技術的な面に詳しい人がトップになり、技術や製品そのものの開発改良に取り組むのだ。一般に理系のトップが多いようだ。
ところが、販売環境が非常に厳しい。もちろん競合環境も、激甚模様という情勢のとき、タイムリーに、販売に強いマーケティング型の人が経営トップに就くのだ。
〈頭の向きが変わらなきゃ、尻尾の向きも変わらない〉とは、生き物の本質である。経営もまた、生き物であることを考えると、なかなか含蓄に富んだ話である。
しかし多くの企業ではオーナー経営の特性である専決経営を、そう簡単に変えることは考えられない企業が多い。
そこで経営トップ自身が、環境の変化に柔軟に対応して、みずからの体色を変化させる"カメレオン型の経営者"に変身することが求められる。
たとえば反面教師として、味の素と提携前の昔のカルピス飲料(コンク)を考えてみよう。
カルピス一本に絞った単品経営が災いして、経営は破綻に直面した。カルピスへの自信のつもりだったが、じつはカルピスへの"依存経営"そのものだったのである。
ところが味の素という他人の目が、経営を見るようになるや、「現代は、コンビニ(便利志向)の時代。薄めて飲めという回りくどい飲み方でなく、そのまますぐに飲めるものを売りなさい」という意思決定が働くようになり、生まれた「カルピス・ウォーター」が大ヒットして、業績は見事に息を吹き返したのである。

●ノルウェイの漁師とサントリーが教えるもの
コンク(濃縮)を、ウォーターに変える。ただそれだけのことで、旧来のカルピスは見事に甦ったのである。新しい視点が、経営を照らすようになったからこそ、できたことである。
ところが、"ただそれだけのこと"が、執着心や固形思考に片寄っていると、なかなかできないものである。失敗は成功の母でもあるが、"成功は失敗の母"でもあるのだ。
日本が多くの鰯を輸入する国にノルウェイがある。この国の漁港で仲間の話題になった漁師がいたそうだ。「彼が捕ってくる鰯は、ピンピンしてるぞ!」というのだ。
じつは彼の秘訣は、"船底の生けすに、鰯の天敵であるナマズを前もって入れておく"というものだった。鰯は緊張して動き回るから、ピンピンしたまま水揚げされ高値がついた。
経営組織にも、仲良しチームに慣れ親しんだ者だけでなく、ナマズが必要なようだ。
"和の精神"そのものはいいことだ。しかしややもすると和の精神は、簡単に"仲良しチーム"に変質することが多い。この精神は、経営の発展を大きく阻害する。
仲良しチームになると、組織から野性味が消え、善し悪しに関係なく、現在の調和を乱す意見を排除するようになる。建設的なブレイクスルー(限界突破)というものは、一時的には現在の調和に波乱を巻き起こすものだが、それを敬遠するから、やがて経営体は、じり貧への道をたどるようになる。
サントリーは、社長が佐治敬三さんのとき、ビールづくりを始めた。
「ウィスキーさえ作っていれば安心という依存心が、慢心を生み危ない。ビールは赤字だが、当社にとっては健全な赤字です」と語った社長だったが、いま立派に利益として開花した。
過去の成功への依存は危ない!危ない! 御社は大丈夫ですか?

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.