千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H23.6.17 “計数”はビジネスの合言葉だが?

●"計数"はビジネスの合い言葉だが?

"計数はビジネスの合い言葉"と言われる。当り前のことである。
ところが計数を、特に営業活動によって生じる数字を過信すると、その数字をもたらした原因を解明しないで、問題の核心を見過ごしたまま、先へ進みがちである。
営業関連の計数には、営業活動と密接不離なものが多い。たとえば、「売上目標」という数字がある。それも、「対前年同月比」もあれば、「対前月比」もある。
ところがY営業所の目標達成率が、仮に85%とすれば、目標より15%も下回る。
すると、司会者や上司による先導の上、こんな論議に時間を割く会社がある。
「Y営業所を除く全営業所の平均達成率は96%だが、その平均値よりも下回る……」
「この平均値割り込みが、もう3ヶ月も続いている。全社目標の足を引っ張っている……」
「当社は長い間、目標との誤差率は一桁以内だ。二桁の狂いは問題だ……」
「これだけ狂っては、目標が目標にならないのでは?……」
「この調子では、来月も非常に心配される……」
こういう論議をよく見てみると、「なぜ、そういう結果になったのか」という、数字をもたらした"原因の特定と分析"が、そっちのけにされていることがわかる。
こういう会議は俗に、"数字ごっこ"とも呼ばれるが、こういう数字ごっこに陥る組織には、しばしば会議の主導者に、計数かぶれの人がいるものである。

会議に用いられる営業資料にしても、簡単にいえば、数字、数字、数字のオンパレードが多いのである。そしてみんなの意識には、カンと度胸と経験という古いやり方ではなく、数字を駆使して、非常に科学的な会議を採り入れている……という自負めいたものさえあるものだ。

ではなぜ、営業現場の問題特定や分析を遠巻きにして、"数字ごっこ"で、効果につながらない時間を浪費するのかというと、会議の主導者(社長の場合が多い)が、現場の実態を知らないケースが多い。

さて、"数字ごっこ"という、一見科学的な似而非(エセ)会議をしないためには、いろんな手の打ち方があるが、ここでは〈売上目標〉の設定について、留意事項を述べてみたい。

〈売上目標〉を金額で示したならば、次に大事なことは、〈主要達成手段〉も並記する(させる)ことである。下に例図を示した。

【売上目標】−【主要な3手段】−1.○○○○○○○
                   −2.○○○○○○○
                   −3.○○○○○○○
 (目標達成手段として優先順位の高いものから、三つの要点を添えること)
              

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.