千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H23.1.17 まるで現代日本を書いた如きマキャヴェリ

ルネッサンス期のイタリアで、大活躍した戦略家ニョコロ・マキャヴェリが、書いた本が(邦訳)「君主論」や「政略論」である。非常痛烈だが、指摘は的確で現実的なものが多い。
"まるで現代日本を書いているよう"と思われる文章が多いから、抜き書きで紹介してみる。

●『一国のリーダーにとって、特に警戒しなければならないことは、軽蔑されたり、見くびられることだ。一般に決断力に欠けると、国民の間にもこの軽蔑心が芽生える』
自民党のある議員による総理への国会質問では、「カンさん」を連発していた。ときどき、特に噛み締めるように、「菅総理大臣」と呼んでいたが、皮肉にしか聞こえない。
どうしても総理が、"舐められている"としか、感じられなかった。
●脆弱な国家は、いつも優柔不断である。その上、決断に手間どることは、有害以外の何ものでもない。
尖閣諸島沖の海上保安庁巡視船への、中国漁船による意図的な、当て逃げ事件のビデオの公開に伴うモタモタと、ネット流出などは、このマキャヴェリの指摘を絵に描いたようだ。
●人間というものは、恩義という絆で結ばれていても、大きな利害がからめば、平然と断ち切ってしまうものである。
ロシア(メドベージェフ)を見るがいい。北方四島という利害がからめば、平気で実質支配を進めるではないか。恩義なんて無きがごとしである。
●譲歩に譲歩を重ねて、相手が満足することはない。それどころか、なおさら足元を見透かされ、相手はなお、より多くを奪ってやれ!と考えるようになる。
国会で質問に立った議員がずばり、マキャヴェリのこの言葉を持ち出し、政権の対中国への言動を指摘していた。その上で、「マキャヴェリ程度は、勉強しなさい」と言っていた。
●一国のリーダーたるもの、術策など弄せず公明正大に行動することがいいことは、百も承知している。承知の上で、正面攻略力を生かすと同時に、野獣の策(裏ワザ)を講ずることも重要で有益であることも、必要であることを知っておくべきだ。
「漁船衝突事件は刑事事件だから、ビデオという証拠を、事件の処理の途中で公開することはできなかった」と、官房長官が言っていた。この発言は、"狐と狸の化かしあい"という、国際社会の駆け引きを知らない人の発言である。
●一国の指導者は、一人であるべきである。指揮権が複数の人間に分散していることほど、有害無益なことはない。
どこかのお坊ちゃんが、「トロイカ体制(三頭立ての馬車)で、力を合わせよう」と言ったら、言われたほうも共感していたが、両者とも、まるで馬鹿みたい。
一国を治めるトップに関して、トロイカなんで、タワごとに過ぎない。
●重臣や側近から、優柔不断と思われたリーダーは、その地位が危うい。
いままさに、そんな政権の色を濃くしているのではないでしょうか?
●決断力のないリーダーは、中立に逃避し、やがて滅びる。
現政権の現状が、そっくりである。ああ、民主党政権も短命か?(最終的な総合判断は各自でどうぞ)

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.