千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
R3.10.15 "時間の価値"の話し 

 あるコンサルタントの話しである。 顧問先の社長が、駅付近の喫茶店まで迎えに来てくれると言う。謝意を述べて甘えることにした。
 するとやがて社長は来てくれた。けれども社長は会うなり質問に次ぐ質問である。勿論、経営に関することである。先生には、顧問料を払っているから、時間が勿体ない。質問も顧問料のうちと心得てください、という調子である。
 しかし、イヤ味がない。カラッとしている。
 気が合うとはこのことか。二人は名実ともに意気投合した。
 会社に着くと、幹部会議のため既に幹部一同集めてある、という具合だ。
 私の話を聞くために、3時間の予定を組んであるのである。
 この社長は、極秘ですがといって、「中部電力の仕事は、社内シェア50%を切るまでになり、他の分野にシェアを増やさねば、百年は生きられません」と言う。
 下請け脱皮の予言である。
 この社長の言葉は逐次実行に移され、ついに中部電力のシェアが40%台を切り、それでも全社の売上は上昇していった。では他の新規の売上高は何か? 火葬場の設備関係であった。
 加えて感心なのは売上高上昇率を上回る、利益率上昇を達成しているのである。
 よく、儲けたければ他人のやらないことをやれ!と言われるが、この法則を実践した社長である。葬炉の無臭化研究が効を奏したのだ。
 今度は帰京する私を、駅まで送ってくれるという。
「しかし、新幹線の定刻には時間が早過ぎますよ」と社長。
「心配ご無用。ちゃんと原稿執筆に時間を割り振りしてありますから」と返事。
「いやあ、参った参ったあ。時間は先生も貴重でしたね」と社長は言われたそうである。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.