千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
R3.7.19 全国規模の「TQC活動」が生産性を落とす

●「TQC」という言葉が企業を襲う
 いまから20年ほど前だが、「TQC」という言葉が、全国的に各企業を襲った。
 QCは品質管理の意だが、これにT(トータル)を加えて、全社的な品質管理の意味で、とにかく、どんな物にも品質はある。営業ならば"営業の品質"、生産ならば"作る物の品質"がある。経理や財務なら"経理や財務にも品質"がある、というわけである。
「おたくはTQCやってますか」というセリフが、挨拶がわりになった時代がある。特に第一線で活躍する従業員を主役にすることから、「TQCサークル活動」をさしていた。
 A社の社長の息子が、このTQCに惚れて、生産部門のTQCサークル活動に燃えたことがある。しかし、半年やった結果は次の社長の言葉に要約されていた。
「何やら得体の知れないTQCサークル活動で、確かに時間は早くなったと思うが、浮いた時間の使い道を考えていなかった。結局は休憩時間を増やしただけだった」
 やはり社長は、本質をよく見ていたものだ。
 ある観光バスの会社の話である。
 銀行に融資を申し込みに伺ったところが、こんな条件をつけられた。
「いまTQCサークル活動が盛んだって。おたくでもやったらどうですか。そうだ、TQCサークル活動を融資の条件にしましょう・・」
 こんなわけで、なんとTQCを融資の条件にされたことさえある。笑い話のようだが実際にそんなこともあった。おかしくて変なTQCである。

●大流行病に犯されるな
 かと思うと、「異業種交流の会」という変なものもある。
 あるコンサルタントが、顧問先の会社が岡山にあり訪ねた時のことである。駅に迎えに来ていたのは社長。そして、「今から異業種交流の会に行きます」と言う。
 一緒に行くことになった。加わってみての感想だが、「何の役にも立たない」と言った。
 というのは、「新製品情報が手に入る」というものだったが、誰が秘密にしたい新製品の情報を部外者に話すものか。案の定、取るに足りない話ばかりである。
 これは当時の通産省の誰かが、言い出したようだ。
 とにかく日本では、「これは生産性の向上に役に立つぞ」という声が上がると、まるで乗り遅れしないように、猫も杓子も、それっとやり始めるのである。
 一種の「大流行病」である。当時のトヨタの下請けがやると、「トヨタ式なんとか」と本に書いた者さえ現れるのである。おかしな国日本である。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.