千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H30.2.28 贅沢と貧乏とで人生は変わる。しかし贅沢も貧乏も永続きは

●貧乏が人を育てる
オムロン(本社・京都)という会社がある。
従業員は3万5千名を数え、売上高は連結で8千億円に手の届く大企業である。
創業者は、九州の熊本出身の立石一真(1991年歿)という人である。
この人自身が書いた「私の履歴書」に、つぎのような一文があった。
「ある冬の夕暮、氷雨の降る街角で見知らぬ婦人に呼び止められ、年齢を尋ねられたので、〈小学校五年です〉と答えると、〈まあ、かわいそうに〉と、近くにあるその人の家に招かれ、お茶とお菓子をごちそうになったことがある・・」
「私の人生で、貧困は少年時代から始まった。よく〈ずいぶん苦労されましたね〉と言われる。しかしその貧しい境遇が、今日の幸せをもたらしたといえる」とも語っている。
また、こんな一文もあった。
「私が子どもの頃は、"貧乏の哲学"とでもいう精神的な支えがあったことも確か。
従って、人の親となってからも、自分の子どもたちに対しても、〈貧乏という条件を作ってやらなければいけない〉とつくづく感じている・・」
なるほど、考えさせられる。

一方別の話であるが、ある会社の社長には、子どもができなかった。細君は子宝を授かるように、新興宗教にすがった。すると男の子ができた。頼もしい会社の後継者だ。信仰で子どもができるはずはないのだが、そこを信じるからこそ信者というのだろう。
時が経って、この子が東京の大学に入るや、その社長は毎月100万円ずつ仕送りをした。
ところがこの息子にとっては、自分を規制するものは何もない。金はタナボタで毎月100万も使える。何をしようが、何に金を使おうが、自分に意見を言うものはいない。
ではこの息子は、贅沢な金と自由を生かして、立派な後継者になれるよう、自分を磨いたのだろうか。答えは「ノー」である。会社はとっくに破綻している。
こちらは、他山の石とすべき話である。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.