千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H28.10.14 「きみが居なくても大丈夫だ」が、見舞いになる?

ある病院での話。二人部屋である。
一人の患者に見舞いが訪れた。
「どうも、お忙しいのにすみません・・」
どうやら会社の上司らしい。そしてその上司はこう言った。
「きみが居なくても、みんながきみの分まで、カバーしているから、安心して病院で養生しなさい。」
その上司らしい人が帰ったあとで、その入院患者は、寂しげにこう語った。
「ぼくは会社を辞めるつもりです。居ても居なくてもいい社員だからです。ぼくなんか居なくても・・」
上司の一言に傷付いているのだ。
その上司は、こう言うべきだった。
「きみが居ないと、車のオイルが切れたみたいで、職場の回転が悪くてねえ。なるべく早く復帰はして欲しいが、この際、みんなもカバーしているし、しっかり養生して・・」
あのものの言い方では、安心して養生どころか、退院しても自分の席がないかも・・と思えば、オチオチしてもいられないだろう。
一言は人を生かし、また殺しもする。

ところが一方に、こんなこともある。
ある経営コンサルタント会社で、三十代の若手経営コンサルタントが、自宅で絶句した。というのは入浴中の洗い場で、血の小便が出て驚いた。急いで病院に行ったら、医者から聞かれた。
「最近、何か変わったことはありませんでしたか?」
そこでつい二日ほど前の、寒中の出来事を語った。
「東北に寝台車で出張したんですが、寝台車の暖房パイプが凍結し冷房列車に変貌し、震えながらの移動になりました」
医者は途端に言いました。
「恐らくそれが原因でしょう。"特発性腎炎"といいまして、働き盛りに起こるんです。二、三日静養すれば治るはずです。」ということで、ドクターストップが出た。
その翌々日に静養中の彼のもとに台湾から速達が届いた。
何で台湾から?誰が?と思いながら受け取ると「社長」からだった。
「神が与えた試練でしょう。ゆっくり休んで、日頃読めない本でも読んでください。それが将来クライアントの期待に応える糧になる・・・」
彼の人生で、こんなことは一度もなかったから驚いた。「社長」は出張先の台湾で、東京の人事担当者から話を聞き、すぐにこのような行動をしたのだ。
病院まで出向き、「きみの分は他の人がカバーしているから・・・」と言う無神経さとは雲泥の差である。
なお、「社長」とは、タナベ経営の故 田辺昇一氏のことである。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.