千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H28.7.19 誇大広告を見抜け

〜1分間で良くなることはない〜

新聞広告量の第1位は、商品別では書籍類である。
その書籍類の広告が、過激化している。一体なぜなのか。
出版地獄と言われるように、売れないからである。電車に乗り、周りを見回してみるがいい。何人が本を読んでいるとお思いか。目立つのは猫も杓子も、スマホ族ばかりである。
というわけで、タクシー業界が厳しくなると、交差点の中でも停まって客を拾うタクシーが多くなるのと同じで、本売るためには、平気でウソも書く。誇大表現も辞さないのである。
たとえば、「1分で○○が良くなる・・」とか、「年商100億のカベ・・」、あるいは、「これを読まずして何が○○だ」という具合にして、この本を読めば極意修得も意のままという感じ。
書籍類がこの調子だから、刺激を受けた他の業界でも似たような感じである。たとえば、サンプル商法がそれだ。
「1週間で実力がわかる」とか、「効果がなければ完全返金します」、あるいは新製品なのに、「○○万個もの引き合いに騒然・・」とかいう表現もそうだ。
とにかく書籍類の中に、過激なのが増えた。
「夢のような、また棚からぼた餅の落ちて来るような、すこぶるうまい話を持って来る人がいる。聞いてみると、いかにももっともな話で、つい乗せられてしまいがちである。
しかし考えてもみよ。本当にそんなうまい話だったら、他人に持ち込む前に自分がやるはずである」
こう語ったのは、文明堂の創業者、カステラ1番電話は2番・・のコマーシャルを作った宮崎甚左衛門である。
しかし、最後にひと言。どんな本も、どんな情報に対しても、目と耳をふさいだら、社会に対し盲目になる。要は、正しいモノを見抜く受け手の姿勢こそが大事である。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.