千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H28.3.15 トップ営業マンでおれるのも、人と違うことをやるから

住宅会社には、まだ売上歩合制度が残っている。
 そのせいか、ユニークな方法で紹介開拓やお礼に生かし、成果を上げている。
 そのいくつかを紹介します。

●Aくんの年末状
人と違うことをやるから、トップ営業マンでおられる。
営業マンAくんは、人並に年賀状を出さない。そのかわり、「今年もお世話になりました」
という年末挨拶状を出すのである。なぜ年賀状は出さないのか。
ゴチャマゼの年賀状の中に紛れ込み、個性が埋没してしまうからである。
だからAくんは、「年末状」を印刷する紙から違える。奉書紙という紙を使うのだ。
筆字で書くときに用いるやつである。(Aくんは、住宅営業マンである)
もちろん封筒も奉書紙である。
Aくんは元々、あまり字が上手くはない。だから、筆字は近所の書道塾に通い学んだ。
●断られても訪問を続けたbくん
やはり住宅の営業マンbくんは、紹介客の獲得で全国一位である。
彼は、ライバルにとられた客を、特によく訪問するのである。
訪問されても最初の頃は、「この人は鈍感なのかしら?」と思い、来る度に持って来るティッシュの箱だけは、ドライに受け取っていたが、やがてこんな感想を漏らすようになった。
帰宅した夫に話すのである。
「Z社は契約した途端、営業マンは来ませんよ。ところが、B社のbさんは、奥さんいよいよ上棟ですねと言っては、やって来るのよ。それも手ぶらではなく。私たち注文先を間違えたのかしら。きょうもやって来て、このティッシュをもらったんだけど」
やがて住宅が完成する。やがてささやかか派手かは別にして、完成披露をする家も出現する。そこでは来客から質問。「どこで建てたのよ」などと。
「建てたのはZ社だけど、発注先を間違えたみたいなの。誠実なのは、B社なのよ。じつはbさんという人が、契約後も来てくれたけど、Z社は契約した途端にピタリと来なくなり・・」
この噂が広がり、「来てくれ」という話が広がり、ついに日本一の営業マンになった。
●五万円相当のお礼、のC社
五万円の現金を、紹介制約のお礼にした会社は知恵がない。
ところが紹介客に、"五万円相当"のお礼をして効果を出しているところもある。
品物は三種類。一つは、宝くじを一年間にわたって差し上げる。二つは、鉢植えの花を毎月一個、これを一年間続ける。三つは、ホームクリーニング券を一年間届ける。
いくら現金とはいえ、三カ月もすれば忘れてしまう。ところが、これらの方法だと、忘れようとしても思い出す。「五万円相当」というのがミソ。
●D社は、施主に"ふるさと名品"を贈る
やはり住宅会社のD社だが、今度は施主自身への贈り物として、施主のふるさとの名品を贈るようにして成功している。
いまは、各地のふるさと名品が、PCのお蔭で一発でわかる。
これは施主のふるさと感覚を刺激して大成功している。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.