千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所概要
アクセス
顧問料
お問合わせ

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
税務会計業務
資産運用・相続税対策
コンサルティング業務
その他サービス

千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所
事務所コラム
リンク集
プライバシーポリシー


千葉県 船橋市 会計事務所 税理士 元橋会計事務所

事務所コラム


Column
H27.8.19 創造力を発揮する人は、まず仮説力を打ち出す

〜仮説には失敗がつきまとうもの〜

●仮説なきところに創造なし
ノーベル賞を授与された中村修二さんは、例の青色ダイオードの開発に成功した四国の会社で長い間、「ゼニにもならん物ばかり作りおって・・」とか、「毎日何をやってんだ、会社の穀潰しが・・」などという陰口の中で、歯を食いしばって辛抱したあげく成功した人だ。
この中村さんもそうだが、発明者はもちろん経営者にしても、新しい何かを創造して進歩発展への道筋をつける人の多くは、「仮説力」を隠し持っている。
仮説力とは、「こんな方法や手段を採用すれば、より良い成果が得られるのではなかろうか?という、仮の方法・手段を取り入れ行動すること」である。仮説だから当然行動の結果を検証することになる。この検証の結果は、「う〜ん、やはりダメか!」ということになる。
この「ダメか!」が何十回も何百回も続く。中村さんの場合、この「ダメか!」が何十回どころか、500回以上だった」ということである。
故人だが、HONDAの本田宗一郎さんも、この「ダメか!」を、いやというほど経験した人だから、本田さんの口グセは、「俺のやったことが成功というのなら、999回の失敗の揚げ句、1回成功したということだ」という言葉を残している。

●新しい道を作る者は失敗を恐れない
 昔、ミサワホームを立ち上げた三沢千代治さんが、「30にもなって、一つとして失敗経験のない人間は、危なっかしくて管理職には登用できない」と語ったが、その真意は、<そういう人間はもともと、失敗しそうなチャレンジをしない人だから>と説明していた。
 そういう人は、人の歩いた道しか歩かず、自分で道を作ろうとしない人間なのだ。
 失敗を恐れる者は、問題意識も希薄、創造意欲も希薄、そして仮説の力も希薄である。

COPYRIGHT(C)2009 税理士法人 元橋会計事務所. ALL RIGHTS RESERVED.